カテゴリーアーカイブ オンラインカジノの雑学

著者:histandboxers

初心者が知ってくべきオンラインカジノの注意点や年齢制限を解説

最近、日本でも人気を集めているオンラインカジノに興味を持った方も多いと思いますが、特に初心者の方には、知っておいてほしい年齢制限などの注意点があります。
オンラインカジノは実際にお金を賭けるギャンブルなので、無料で遊べるゲームアプリとは違います。

そのため厳しい利用規約があり、これに違反すればアカウントを閉鎖されることもあります。
ここでは、初心者が知ってくべきオンラインカジノの注意点や年齢制限を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

オンラインカジノよって異なる年齢制限

オンラインカジノよって異なる年齢制限
 
オンラインカジノはれっきとしたギャンブルなので、厳格な年齢制限があり利用規約にもこれが記してあります。
年齢制限はオンラインカジノによって異なっており、テレビCMで有名なベラジョンカジノは20歳以上ですが、大手オンラインカジノのラッキーニッキーやカジ旅の場合は18歳以上です。

同じオンラインカジノなのに年齢制限が違う理由は、各オンラインカジノが拠点としている国が違うためで、それぞれの国の法律に従っているからです。
日本では現在20歳に満たないと未成年者ですが、国によっては18歳から成年の国もあるということです。

このように、オンラインカジノは拠点としている国によって未成年の定義が違うので注意しましょう。

オンラインカジノはグレーゾーン

オンラインカジノは日本では微妙な立場にあり、遊ぶこと自体に違法性はありませんが、公営ギャンブルのように法律で認められた合法ギャンブルでもありません。
オンラインカジノはいわゆるグレーゾーンという扱いで、比較的新しいジャンルのギャンブルであるため、法整備が整っていないのです。

日本国内でもカジノ法案が話題になっていますが、オンラインカジノに関してはまだ手付かずのようです。
つまりオンラインカジノが違法という法律もないし、合法と認める法律もないとうことで裁きようがないということです。

日本国内の賭博法は、国内における賭博を取り締るもので、海外を拠点にしているオンラインカジノをインターネット経由を遊ぶことに関してはノータッチです。
このようにオンラインカジノがグレーゾーンであることを理解し、利用規約に従って誤解を生まないように遊ぶことを心がけましょう。

違法なオンラインカジノでは遊ばない

違法なオンラインカジノでは遊ばない

オンラインカジノの中には適切なライセンスを所持せずに運営しているところがあり、また「インカジ」と呼ばれる店舗型オンラインカジノもありますが、いずれも違法なので利用してはいけません。

海外を拠点とするオンラインカジノは、政府機関が承認したライセンスを取得することが必要で、ライセンスがない場合は違法と見なされ摘発の対象となります。

日本からオンラインカジノを利用することは違法ではありませんが、これはオンラインカジノが合法だった場合の話で、違法オンラインカジノで遊ぶと、最悪の場合逮捕されることもあるので注意が必要です。

また日本国内に拠点置くオンラインカジノはライセンスの有無に関わらず違法で、知らずに遊んでいたプレイヤーが警察から警告を受けた事例もあります。
特に店舗を構えてオンラインカジノを遊ばせるインカジは、もれなく違法なので遊ばないようにしましょう。

とはいえ一般人には違法か合法かの見分けは難しい場合もあるので、迷ったら合法の大手オンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

不正手段でボーナスを取得しない

多くのオンラインカジノでは、特典として新規登録時に初回ボーナスを貰うことができ、これを使って無料でゲームを楽しむことが可能です。
条件付きですが、このボーナスを使って得た勝利金も出金が可能で、リスクを抑えて遊ぶことができるため初心者にはありがたい特典となっています。

しかし、このお得なボーナスを悪用するプレイヤーも少なからずいて、オンラインカジノの運営を悩ませています。
このようにボーナスを不正取得したりするプレイヤーは、ボーナスアビューザーと呼ばれ、発覚すればオンライカジノの運営によって処分の対象となります。

例えば利用規約で禁止されているにも関わらず、1人で複数のアカウントを取得してボーナスを取得するというような行為が、ボーナスアビューザーに該当します。
このようなボーナスアビューザーは出金条件を満たすために、2ティアベットという手法を繰り返す傾向があります。

もし不正行為を繰り返しボーナスアビューザーと判断されると、アカウントの閉鎖に加え、それまでの勝利金も没収されるなどのペナルティが課せられる可能性があります。
このような状況に陥らないためにも、オンライカジノの利用規約を守って健全に遊ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

初心者が知ってくべきオンラインカジノの注意点や年齢制限を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
オンラインカジノの年齢制限は、承認国の都合で18~21歳とバラつきがあるので、登録する際は利用規約を良く確認するようにしましょう。

またライセンスを所持せずに運営する違法オンラインカジノでは、安全性が確保できないので遊ばないようにしてください。
1つのオンラインカジノで複数のアカウントを取得してボーナスを何度を受け取ることは、利用規約に違反する行為なので、絶対にしないようにしましょう。

著者:histandboxers

ネットカジノが違法だとの噂は果たして本当なのかを検証してみた

ネットカジノは楽しいコンテンツですし、何より高いペイアウトのおかげで他のギャンブルとは比べ物にならない大きな利益のチャンスを秘めています。

しかし、違法なのではないかとの声も挙がっています。
果たしてネットカジノは違法なのか合法なのか、その真相に迫ってみるとしましょう。

ネットカジノを違法だと指摘する声の根拠

ネットカジノを違法だと指摘する声の根拠
ネットカジノを違法だとする声があるのは事実です。

その根拠として日本の法律が挙げられます。
日本の法律ではカジノを含め、賭博・ギャンブルが禁止されています。

競馬や競艇は?と思う人もいるかもしれませんが、競馬や競艇だけではなく、競輪も含めた公営ギャンブルのみ法律で許されています。

また、サッカーくじやロト、宝くじも公営ギャンブルに分類されているもので、こちらも合法です。

一方で、パチンコとスロットに関してはグレーゾーンだとされています。

こちらはパチンコやスロット店そのものが換金していれば紛れもなく違法なのですが、多くの方がご存知のように、換金はいわゆる「三店交換」と呼ばれているもので、実情はどうであれ、パチンコやスロットでのメダル・コインや出玉はパチンコやスロット店とは全く関係ないお店・業者が換金する形式となっています。

これにより、合法というよりも、違法ではないというグレーゾーンとなっています。

ではネットカジノはどこに該当するかといえば、当然ですが公営ギャンブルではありませんし、三店交換式でもありません。
そのため、違法だとする声が挙がっているのも、決して全く頓珍漢な話ではなく、法律に基づいた意見ですし、この話だけを聞けば、ネットカジノは違法だと考えておかしくないものです。

違法ではないから多くのプレイヤーが楽しめる

しかし、ネットカジノは違法ではありません。
現実的に日本国内のプレイヤーも問題なく楽しんでいます。

ましてやネットカジノの広告を掲載しているwebサイトもあるほど。
仮にネットカジノが違法であれば、広告など出せたものではないでしょう。

ではネットカジノが違法ではないとする根拠はどこにあるのか。

実は先の話は、すべて「国内」の話です。
いずれも日本国内を対象とした話だからこそ、日本の法律に照らし合わせてた意見です。
そのロジックは決しておかしなものではありませんが、あくまでも国内の話です。

そしてネットカジノは国内でも楽しめるのですが、決して国内のサービスではありません。
この点が違法なのか否かを左右する大きなポイントです。
もしもですが、ネットカジノが国内のものであれば間違いなく違法です。

しかしネットカジノは海外のサービスであり、国内の法律の適用範囲ではないので違法ではないとされています。

そもそも国内・国外の判断基準は?

そもそも国内・国外の判断基準は?
ここでポイントとなるのが、何をもってして国内・国外になるのかです。

インターネットの世界は文字通りボーダレス。
海外のサイトを閲覧することも簡単に行えますし、利用していて国内なのか国外なのかなど意識する機会はそうそうないことでしょう。

そもそも、自分自身が常に利用しているサイトも国内のものだと断定できる人は少ないのではないでしょうか。

これらも、インターネットというボーダーレスの環境において、何をもってして国内・国外に分類するのかが曖昧だからこそですが、法解釈に於いては、提供しているサービスが利用しているサーバーの設置国の法律が適用されることとなっています。

つまり、日本人プレイヤーにとっての国内とは、日本国内のサーバーを利用して提供されているWEBコンテンツであり、国外とは日本以外の国・地域のサーバーを利用して提供されているWEBコンテンツです。

ネットカジノは国外か国内か

ネットカジノは国外か国内か
この基準に照らし合わせると、ネットカジノが国外のサービスだと分かります。
なぜなら、健全なネットカジノはすべて海外のサーバーにて運営されています。

つまり、先の説明の「国外」に該当しますので、法律も日本国内の法律ではなく、サーバーが設置されている国の法律が適用されます。
そして、すべてのネットカジノはカジノやギャンブルが合法な国・地域のサーバーにて運営されています。
もしもですが、いくら国外ではあっても日本同様、ギャンブルが違法な国・地域のサーバーにて運営されているものであれば違法です。

しかし、ギャンブルが合法な国・地域のサーバーにて運営されているのです。
ネットカジノを違法だと紛糾する材料などないことが分かりますので、日本人プレイヤーでも安心して楽しめるのです。

ネットカジノは違法ではないコンテンツ

ネットカジノが違法なのかという問題は、インターネットという世界ならではな問題でもあります。
現実であれば、法律と実際にいる場所が乖離していることなどあり得ません。
しかしインターネットであればそれが珍しい話ではありません。

結果、違法なのか合法なのかという議論があるのですが、サーバーの置いてある国の法律に準ずるというインターネットの法解釈を踏まえると、ネットカジノは違法ではありません。

著者:histandboxers

最大$1000が手に入るベラジョンカジノのビッグボーナス

ベラジョンカジノのボーナスの種類

ベラジョンカジノのボーナスの種類
登録ボーナス
入金をしなくても、ベラジョンカジノに登録するだけで貰えるボーナスです。
登録後の申請は不要で、自動でアカウントに$10のボーナスが反映されます。

初回入金ボーナス
初回入金額の100%を受け取れるボーナスです。
簡単に説明すると、ベラジョンカジノに登録後の初回入金額が2倍になるということです。
ウェルカム・ゲートと呼ばれる画面で抽選することで、最大で$500の100%がボーナスとして加算されます。
つまり、$100の入金で$200に、$1,000を入金しても上限の$500が適応されるので$2,000にはならず$1,500となります。
運の要素はありますが、最大値のボーナスをゲットできれば一気に初回の軍資金を増やせる絶好のチャンスです。

セカンド入金ボーナス
登録したのち2回目の入金額の50%を受け取れるボーナスです。
初回が100%なのに対してこちらは50%ですが、初回ボーナス等の軍資金を使い果たしてしまったときには重宝するボーナスです。
セカンド入金ボーナスは、最大で$250までとなっています。

サード入金ボーナス
登録したのち3回目の入金額の100%を受け取れるボーナスです。
セカンド入金ボーナスは50%でしたが、サード入金ボーナスは初回と同じく100%に上がっています。
ただし、最大で$200までしかボーナスとして加算されない点に注意が必要です。

10日間毎日$5の無料スピンクレジットボーナス
3回目の入金確認後、サード入金ボーナスに加えてベラジョンカジノ内の数々のゲームで使えるスピンクレジットが10日間毎日$5分貰えます。
3回目の入金時間によって、無料スピンクレジットの進呈開始時間が異なります。
午前9時までの入金で当日21時から、それ以降の時間帯の入金は翌日21時から進呈開始となります。
使えるゲームはあらかじめ決められており、ボーナス獲得から48時間が経過すると消えてしまいますので、忘れないうちに無料でプレイしておくことをおすすめします。

1日目…Starburst
2日目…Roulette Lobby(Paris)
3日目…Moon Princess
4日目…Original Blackjack
5日目…Hawaiian Dream
6日目…Live Baccarat
7日目…Jammin Jars
8日目…Original Blackjack(Paris)
9日目…Roulette
10日目…Golden Dream

リロードボーナスとロックボーナス
リロードボーナスとは、初回の入金以降に貰えるボーナスのことです。
入金額の一定のパーセンテージがボーナスとして進呈されます。
リロードボーナスの内容はイベントによって変わるので、こまめにベラジョンカジノのウェブサイトをチェックしておくことをおすすめします。

ロックボーナスは、ベラジョンカジノ側が年間でランダムに選んだプレイヤーに対して配られるボーナスです。
ボーナスが進呈された場合にベラジョンカジノからメッセージ等のお知らせが届き、そこに指定されたゲームでボーナスを使ってプレイすることができます。

どちらも必ずしも毎回貰えるわけではありませんが、進呈されれば効率的に軍資金をアップできること間違いなしです。

ベラジョンカジノのボーナスの出金条件

ベラジョンカジノのボーナスの出金条件
ベラジョンカジノで進呈されるボーナスのほとんどは一般ボーナスとなり、出金するためには一定の条件を満たさなければなりません。
ベラジョンカジノでは、獲得したボーナス額の20倍をベットすることを条件としています。
進呈されたボーナスをそのまま出金することは出来ないので、ボーナスを実際にベットしてゲームをプレイし勝利したお金を引き出すことになります。 

ゲームによってベットとして扱われるカウント率が異なります。
【100%】が「全てのスロット」「インスタントゲーム」「スリンゴ」。
【15%】が「ルーレット」「バカラ」「プントバンコ」「ポーカー」「テキサスホールデム」「その他テーブルゲーム」。
【10%】が「ブラックジャック」「ポンツーン」「ライブカジノ」です。

ベラジョンカジノのボーナスの注意点

お得なボーナスをたくさん貰えるベラジョンカジノですが、ボーナスには気を付けたい注意点があります。
ボーナスのルールに違反してしまうと、進呈されたボーナスの没収や最悪の場合アカウントの停止も考えられるので、利用規約はしっかりと守りましょう。

入金ボーナスを保持した状態で引き出す
ベラジョンカジノでは、キャッシュとボーナスがそれぞれ別に管理されています。
キャッシュの残高が0にならないと、ボーナスの利用は出来ないようになっています。
つまり、キャッシュを使ってゲームに勝利し、その勝利したお金だけを出金すると残っているボーナスは没収されてしまいます。

最大賭け額以上の金額をベットする
進呈されたボーナスを使ってゲームをプレイする際の一度の最大ベット額は、スロット/スクラッチカードで$6.26、テーブルゲーム/ライブカジノで$25までとなっています。
この金額を上回ると、ボーナスとそれに伴う勝利金は没収の対象になります。

ボーナス・スタッキング
貰った複数のボーナスを重ねて使用すると、没収の対象になってしまいます。
知らずにうっかりやってしまいがちなミスですので、予めキャッシュとボーナスの残高をきちんと把握しておき、一度貰ったボーナスを完全に使い切ってから次のボーナスを使用するのが良いでしょう。

2ティアベット
2ティアベットとは、ルーレットで赤と黒、奇数と偶数というように同時にベットすることを言います。
仮にどちらかが外れても、もう一方にもベットしているわけですから損益はプラスマイナスゼロとなり、このまま出金条件の20倍ベットをクリア出来ることになるので禁止されています。

ボーナスの有効期限
ベラジョンカジノのボーナスの有効期限は30日間です。
期限切れに注意しましょう。

まとめ

まとめ
ベラジョンカジノは、豊富なボーナスやユニークなイベントを数多く取り揃えている唯一無二のオンラインカジノです。
それぞれのボーナスを効率的に使えば、元手の資金が少なくても勝利金を大幅にアップさせる一助になるかもしれません。
ぜひこの機にベラジョンカジノを楽しんでみてください。

著者:histandboxers

オンラインカジノの運営システムに関わる業者や機関

日本には数多くのオンラインカジノが展開されていますが、海外の運営会社が自社でゲームを作り、勝手にカジノを開いているわけではありません。
法律を遵守し、適切なカジノ運営が行われるよう、以下の業者や機関が関連しています

オンラインカジノの運営システムに関わる業者と機関

各業者、機関は以下のような役割を担っています。

1.運営会社
オンラインカジノを運営し、プレーヤーから現金を受取り、ゲームに勝ったプレーヤーに勝利金を渡します。

2.ソフトウェア会社
運営会社にオンラインカジノ用のゲームソフトを提供します。

3.ライセンス発行機関
運営会社にライセンスを発行し、定期的な監査によって公正に運営が維持されているかをチェックします。

4.決済会社
オンラインカジノとプレ-ヤー間での現金の授受を仲介します。
なお、決済会社を通さなくても、クレジットカードや銀行送金で直接オンラインカジノとの入出金は可能です。

オンラインカジノの運営システムに関わる業者と機関

オンラインカジノのシステムの概要

各業者、機関の内容は以下になっています。

1.運営会社
日本で展開しているオンラインカジノの運営会社には、ベラジョンカジノやチェリーカジノ、ジパングカジノなどがあります。
各オンラインカジノがいくつもの種類のゲームを設置しており、独自のボーナスやプロモーションなどのサービスを提供しています。
なお必ず、ホームページに取得したライセンスが表記されています。

2.ソフトウェア会社
ソフトウェア会社には主に、マイクロゲーミングやネットエント、プレイテックなどがあります。
オンラインカジノのほとんどは同じ大手のソフトウェア会社からゲームを提供してもらっています。
ベットや配当のシステムはソフトウェア会社が構築しているため、オンラインカジノで不正ができない仕組みになっています。

1)マイクロゲーミング
世界最大手の老舗ソフトウェア会社です。
取引する際には厳しい審査が行われ、契約料も高額なため、資金力に余裕があり且つレベルの高い運営会社しか契約ができません。
高質なゲームが数多くあり、「ジュラシックパーク」や「ターミネーター2」などとコラボしたゲームもあります。

2)ネットエント
開発されたゲームは全て、テクニカルテストとナショナルラボラストリーサイエンスの両機関から認定を受けています。
また、ゲームの公正さや配当の正確性などを厳しく審査するeCOGRAからも認定を受けており、信頼性の面では高い評価を受けています。
サプライズ性や娯楽性の高いゲームの多いことが特徴になっています。

2)プレイテック
オンラインカジノのゲームだけではなく、ネット上で配信されるゲームを提供している大手のソフトウェア会社です。
開発から維持、管理まで全てを自社で行い、安全性や公平性には定評があります。
ゲームの多くに日本語の解説があるため、日本人プレーヤーにも利用しやすくなっています。

3.ライセンス発行機関
オンラインカジノのシステムの概要
ライセンス発行機関とは、カジノを合法としている国や政府の機関のことで、運営業者を審査し、カジノの運営を認めるライセンスを発行します。
ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法カジノであり、詐欺に遭う可能性が高いため、手を出すのは厳禁です。
また、プレーヤー自身も法律違反の罪を問われることになりかねません。

なお、一言でライセンスといっても、お金で買える質の低いものがあれば、様々なチェックにパスしないと取得できない厳格なものもあります。
従って、オンラインカジノで安心してプレーするには、威厳の高いライセンスを取得しているオンラインカジノを選択することが大事です。

現在、安全性で高い評価を得ているライセンスは、以下の9つの国や政府が発行するものです。
それ以外のライセンスは避けた方が賢明です。

・マルタ
・イギリス
・ジブラルタル(イギリス領)
・マン島(イギリス国王室属領国)
・オルダニー島(イギリス国王室属領国)
・アイスランド
・フィリピン
・カナワケ(カナダ)
・キュラソー島(オランダ領)
ちなみに、日本で運営されているオンラインカジノのライセンスはほとんどが、マルタ、キュラソー島、カナワケで取得されたものです。

ライセンスの審査では主に以下のことがチェックされます。

・運営を維持できる十分な資金力
・運営者の高度な経営能力
・犯罪組織との関わりの有無
・信頼性の高いソフトウェアの提供
・コンプライアンスの確立

なお、ライセンスは一度取得すれば永久に保持できるわけではなく、継続的に高額なライセンス料を支払い続けなければなりません。
また、定期的監査に合格しないと、ライセンスを剥奪されます。

4.決済会社
オンラインカジノのシステムの概要
決済会社には、iWallet(アイウォレット)やecoPayz(エコペイズ)、Venus Point(ヴィーナスポイント)などがあります。
iWalletとecoPayzは電子決済で入出金し、Venus Pointはポイントでの入出金になります。
オンラインカジノは入出金管理を簡易化するため、必ず決済会社と提携しています。
プレーヤーにとっても、いくつものオンラインカジノでプレーする場合に、オンラインカジノごとに資金の管理をするのは手間がかかります。
決済会社を利用すれば1つで済みます。

著者:histandboxers

ルーレットはシンプルながら奥が深い

プレイヤーが配当を選べる

プレイヤーが配当を選べる
ルーレットはカジノゲームの代表の一つですが、オンラインカジノでも人気があります。
37又は38個のホールの中で、どの場所にボールが入るのか予測するものです。
ルール自体がシンプルなので、誰でも参加できるのが魅力です。
ルールはシンプルですが、これまで多くのギャンブラーを虜にしてきました。
それだけ奥の深いゲームであり、知れば知るほどその世界に引き込まれるわけです。
ルーレットの特徴の一つが、プレイヤーが配当を選べることです。
これは他のゲームには見られないもので、ルーレットの醍醐味でもあります。
また、ベットの仕方もバラエティに富んでおり、ギャンブラー心をくすぐられるわけです。
「赤か黒」や「偶数か奇数」のようなベットもあれば、1目に絞ったベットもあります。
前者であれば配当は2倍となり、後者は36倍の高配当になります。

円盤とボールの動きに魅了される

ルーレットでは円盤の中をボールが転がりますが、その動き自体に魅了されるものです。
それは丸で生き物のような動きとなり、回転が収まるときのドキドキ感もたまりません。
自分がベットしたホール入るかどうかの瀬戸際に、プレイヤーは手に汗を握ることになります。
こうしたスリルやドキドキ感は、他では味わえないものです。
ルーレットに慣れてくると、ホイールのレイアウトなども自然に頭に入ってきます。
そうなれば、かなり前からボールが落ちるホールの目当てが付くわけです。
そして、予想と結果を比べるのも同ゲームの楽しみとなります。
細かいレイアウトを知らなくても、「赤か黒」のベットであれば結果が直ぐに分かって興奮します。

自分好みのベットレイアウトが作れる

ルーレットの醍醐味の一つが、自分好みのベットレイアウトを作れることです。
ベットレイアウトとは、どのような割合でチップをベットするかの配置を意味します。
インサイドベットで高配当を狙ったり、アウトサイドベットで手堅く勝負したりします。
また、それらを組み合わせることで、自分なりの戦略を立てるわけです。
ベットレイアウトは資金計画やゲームの流れによって、柔軟に選択していくことがポイントです。
そのために、各ベットの配当や確率などを計算し、最適なレイアウトを選択することがコツになると言えます。
実際、定石となっているベットレイアウトも数多くあり、それらを覚えることで勝負に活かせるわけです。
ルーレット自体はシンプルなルールですが、ベットレイアウトによって奥深いゲームとなるものです。

ディーラーの心理を読み取る

ルーレットをオンラインカジノで楽しむなら、ライブカジノがおすすめです。
実際のディーラーがゲームを行っており、本場のランドカジノと同様のスリルが味わえます。
生の人間がディーラーを務めるので、ディーラーによって色々なクセや特徴があるのも楽しめます。
そうしたクセなどを見抜くことで、ゲームの戦略に活かせるわけです。
ルーレットは回転盤とボールの微妙な動きが左右しますが、ディーラーによっては一定の偏りが発生するケースも少なくないからです。
特に達人クラスのディーラーとなれば、思い通りのホールにボールを入れられると言われています。
ベットはボール投入後にできるので、参加者が不利になることはありません。
それ故、そうした心理なども読み取りながらベットするのもルーレットの楽しみとなります。
ディーラーの心理を読み取る

インサイドベットとアウトサイドベット

ルーレットのベットには、インサイドとアウトサイドに分かれています。
インサイドベットは数字にベットするやり方で、1目?6目まで6通りの種類があります。
配当に関しては6倍?36倍となるわけです。
それぞれベットには専門用語があり、1目は「ストレートアップ」で2目は「スピリット」と呼ばれます。
スプリットでは、隣り合った数字の真ん中にチップを配置します。
3目は「トリオ」となり一列の数字3つにベットします。
4目は「コーナー」と呼ばれ、4つの数字の真ん中に配置します。
5目は「ファーストファイブ」と称され、アメリカンルーレットのみに存在します。
そして6目は「ダブルストリート」となり、ストリート2つ分にベットするわけです。
一方アウトサイドベットは、「赤か黒」など数字以外にベットするやり方です。
「コラム・ダズン」は、列ごとの12点をまとめてベットします。
その他、数字の前半と後半を分けた「ハイ・ロー」などがあります。

カジノの女王

カジノの女王
ルーレットは「カジノの女王」と言われ、昔から多くの攻略法が考案されてきました。
100%勝てる必勝法というものは世の中に存在しませんが、勝率を高める攻略法というものはあるわけです。
その多くは資金の管理やベットに関する工夫となっています。
特に資金管理は重要なポイントとなり、長くプレイするための秘訣となります。
特にオンラインカジノではゲームがいつまでも続くので、止め時を決めておくことが大事です。
そのためには目標利益を決めたり、負け額の上限を定めておくことです。
サイトによっては、1日の当入金額の上限を設定できるので、自分の意志に自信がないプレイヤーの役に立ちます。

著者:histandboxers

日本国内における法的判断の論拠

オンラインカジノは違法なのではないか。
これは様々な所で語られていました。

近年は「何となくOK」な風潮が流れていますが、かつては「グレーゾーン」とも揶揄されていました。
そもそも「何となくOK」となった点に関しても理由があるからこそなのですが、現実的にオンラインカジノが違法なのか、あるいは合法なのかについて、様々な点から考えてみるとしましょう。

違法とする根拠

違法とする根拠
まず、オンラインカジノを「違法」とする根拠としては国内法です。
そもそも、日本国内ではカジノだけではなく、ギャンブルそのものが違法です。

競馬や競輪等はいわば「公営ギャンブル」として、国が管理しています。
パチンコに関しては三店方式による、こちらもいわばグレーゾーンとされていますが、いずれにせよ国内の法律ではギャンブル・賭博行為そのものが禁止されています。
そして、インターネット上であってもその点は同様だという論調です。

合法だとする根拠

合法だとする根拠
一方で、オンラインカジノは合法だとする声もあります。
もちろん国内法がカジノを禁止している点は十分に理解した上でです。

というのも、オンラインカジノは基本的に海外の業者が運営しています。
インターネットという、場所を問わずに楽しめるものだからこそ、日本国内に居ながらにしても海外のコンテンツを楽しめます。
オンラインカジノは海外の業者、もっと言えば「カジノが合法の国の業者」が、「カジノが合法な国」のサーバーにて運営しています。
インターネット環境を利用することで日本にいながらにしてもそれらを利用できるというだけで、理屈としてはカジノが合法な国まで足を運んで楽しんでいるのと同じというものです。

実際、現実的な面から考えると、海外旅行等でカジノを楽しんでも国内法には問われません。
カジノだけではなく、法律は「足を踏み入れている場所」に準拠するものなので、日本人がアメリカに足を運べばアメリカの法律を意識しなければなりませんし、逆にアメリカ人が日本を訪れている間は日本の法律が適用されることになります。
つまり、アメリカで合法だからといって、アメリカ人が日本で賭博を楽しんだら法律に問われることになります。

この理屈から、海外のサーバーで運営されているオンラインカジノは「合法だ」とする声があります。

基本的な法律の考え方

しかし、これらの話は「実行」しなければ確定しません。
分かりやすく言えば、どのようなことも六法全書に照らし合わせて判断するのではなく、裁判所にて裁判を行うことで違法なのか合法なのかが判断されます。

例えばかつてオンラインカジノ同様、グレーゾーンと揶揄されていた消費者金融の金利問題。
この問題もまた、法的見地から合法だという声もあれば、違法だという声もありました。
しかし、結論はとある消費者が消費者金融相手に裁判を起こし、そこで違法という判決が下されたことでようやく「違法」だとなりました。

つまり、オンラインカジノに於いても合法なのか違法なのかは、裁判の場で争わなければ分からない部分なのです。

裁判にまで到達していないけど

裁判にまで到達していないけど
実は、オンラインカジノでは逮捕者が出ています。
この事実から「違法だ」とする人もいるのですが、逮捕されたものの、嫌疑不十分とのことで起訴にまでは至りませんでした。
冒頭で「何となくOK」な風潮が広がっているとお伝えしたのはそのためです。

逮捕されたものの、不起訴となったことで、同じ罪状で逮捕したとしても起訴されないことが証明される形となってしまったのです。
もしもそこで起訴され、かつ違法だと裁判所に判断されていれば、オンラインカジノはいくら海外のサーバーで提供されているとはいえ、「違法」と判断されることになったでしょう。

しかし、実際には裁判にさえ進めることができなかったのです。
結果、オンラインカジノは「合法」「違法ではないもの」だと判断されるようになったのです。
警察側とすれば、オンラインカジノの利用者が増えていることで、何らかの対策を講じておきたかったのかもしれませんが、皮肉なことにその対策のおかげでむしろ「オンラインカジノは起訴できない」ことを証明してしまったのです。

さらには今後はIRも控えています
IRは事実上、カジノ解禁とも言われている法案ですので、施行されることになれば、カジノは違法ではなくなります。
これらの動きから、オンラインカジノは「何となく合法」として扱われているのです。

まとめ

オンラインカジノの法的見地は専門家の間でも様々な意見が出ていました。
しかし、現実的は起訴するにも至らない事案だったということです。
更には今後IRが控えることを考えると、オンラインカジノに対して法的見地から疑問の声が上がることも少なくなっていくであろうことが予想されています。
法律的な面からオンラインカジノを始めることに不安を抱いていたユーザーは、そこまで心配する必要がないものだと分かっていただけたのではないでしょうか。

著者:histandboxers

ボーナス額の高額化は却って危険

悪質なオンラインカジノほどボーナスが多い

悪質なオンラインカジノほどボーナスが多い

悪質なオンラインカジノはボーナスを多く支給する傾向があります。
ボーナスを多く支給している背景には、オンラインカジノで遊んでほしいと考えているためです。
多くのボーナスを提供すると、ユーザーが寄ってくるだろうと考えられており、実際にボーナスをかなり引き上げているオンラインカジノもあります。

しかし、オンラインカジノのボーナスが大きい反面、出金するための条件などが厳しく設定されているほか、受け取ったボーナスによって出金額が大幅に制限されるなどの問題もあります。
オンラインカジノのボーナスは適切な金額に抑えられていることが大事です。

異常な額のボーナスには注意

異常な額のボーナスには注意

悪質なオンラインカジノが支給しているボーナスは異常なまでに多くなっており、他のオンラインカジノが提供しているボーナスよりもかなり上回っていることが多いです。
基本的にオンラインカジノが支給しているボーナスは低く抑えられていますが、悪質なオンラインカジノの場合は破格のボーナスを支給する場合があります。
その狙いは、本来ならあり得ないほどのボーナスを支給して、より多くのプレイヤーを集めようと画策しているのです。

悪質なオンラインカジノが企んでいるのは、ボーナスで遊んでくれたユーザーが引き続き入金してくれることです。
入金さえしてもらえれば、後はそのお金を出金させないように仕向けるだけで利益になります。
オンラインカジノのプレイヤーは、ある程度の金額になるまで出金手続きを取らないため、延々と入金されたお金を独占できる場合が多いのです。
この出金させない対応をとることで、最終的にオンラインカジノが入金額全額をせしめることを狙っているのです。

悪質なオンラインカジノではこうした問題となる事態が頻繁に起こっているのですが、とはいえボーナスが支給されなかったとした場合プレイヤーの増加は見込めません。
ボーナスを支給しないオンラインカジノはあまり見向きもされず、誰も遊んでくれない可能性が高いのです。
しかし、悪質なオンラインカジノのように大量にボーナスを支給しておけば、最終的には多くのユーザーがやってきて、お金を使ってくれるようになるのです。
ボーナスはそれだけ重要なポイントです。

ボーナスの適性額やカジノの名前を確認する

ボーナスによる詐欺行為が起きる理由は、オンラインカジノがボーナスに制限を加えているのが大きな理由です。
ボーナスを受け取った場合、ボーナスの額かその数倍程度しか出金させないという方法を採る悪質なオンラインカジノもあるのです。
ボーナス額までしか出金されないとなれば、得られる金額は数千円程度にとどまってしまいますし、ある程度出金額を増やしてくれたとしても、結局得られる金額が大幅に制限される場合があるのです。

ここで気を付けたいところは、ボーナスの適性額を知ることです。
どれくらいの金額がボーナスとして支給されるのが一般的なのかしっかりと確認し、正常な範囲内に収まっているか確認するようにしましょう。
基本的にはオンラインカジノが支給するボーナスは10ドルで、ほかのサイトを経由した場合でも最大で40ドル程度です。
ただ、40ドルも支給しているオンラインカジノは、基本的に知名度の高いサイトが採用している手法だと考えてください。

知名度の高いオンラインカジノで遊んでいれば、ボーナスによる制限などが加わっても、出金できない問題は起こりません。
同時に知名度の高いオンラインカジノのボーナスは適正な数字の範囲内であり、明らかにボーナスが多すぎるという問題は起こらないのです。
ボーナスによる問題の被害を受けたくないと思っているなら、まずは知名度の高いオンラインカジノで遊ぶようにし、ボーナスについても調べておきましょう。

安心できるボーナス額を把握する

安心できるボーナス額を把握する

オンラインカジノはボーナスが多ければ多いほどいいように思われますが、実は無料で提供しているボーナスに限っては別の話です。
ボーナスの額が多ければ多いほど信用できないものと考えておきましょう。
できればボーナスの額は無料でもらえるものに限っては10ドル程度が妥当だと考えてください。
そして10ドル以上のボーナスを得られる場合には、本当にオンラインカジノの知名度があるのか調べてください。
しっかりした調査ができていないと失敗する場合があります。

ボーナスを得てから出金条件に気づき、損失がわかってしまうのは誰しも避けたいと思うポイントです。
オンラインカジノが無料ボーナスでどのような方針を採用しているか把握し、怪しいと考えられるオンラインカジノには登録しないように心がけましょう。
悪質なオンラインカジノは絶対に避けること、そしてオンラインカジノで安心してプレイできる環境を作るためにも、ボーナスがあまりにも多すぎるオンラインカジノには近づかないようにするなど、念入りな確認作業によって安心感を作り上げるのです。

著者:histandboxers

プログラムでは味わえない生の魅力

オンラインカジノのライブゲームが人気

オンラインカジノのライブゲームが人気

オンラインカジノのライブゲームとは、オンラインカジノのゲームをカジノから生中継で遊ぶことが出来るという仕組みの一つとなっています。

ライブゲームのルーレットは本物が使われていて、そしてトランプカードも本物です。
そして、生身のディーラーとコミュニケーションを取り、実際にゲームを対戦することが出来るのです。
機械相手のプレイだったり、顔が見えないギャンブルだと不安という方の場合、ライブカジノなら、安心してゲームができます。
また、日本にいながら、スリリングな本場のカジノを体験できるのはとても魅力的です。

そこで、オンラインカジノのライブゲームについて詳しく見ていきましょう。

ライブゲームとはどんなものなのか

オンラインカジノのライブゲームは、主にフィリピンにセンターが有り、そしてフィリピンから生中継で繰り広げられるゲームとなっています。
本物のトランプカードや、ルーレットが使用されていて、生身のディーラーが進行をします。
実際に対戦をすることができて、コンピュータではなく、人間同士が対戦をしたり、交流をすることが出来るという優れたシステムです。
主にプレイテック社のカジノで遊べることが多く、日本語対応カジノならジパングカジノなどが有名です。

ライブゲームは、コンピュータ相手のゲームは不安という方だったり、色んなゲームを生で楽しみたいという方や、カジノの雰囲気を楽しみたい方におすすめです。
海外のカジノの雰囲気を体験することができて、さらに実際に賞金も受け取れます。

ライブゲームでは、主にブラックジャック、ルーレット、バカラなどが遊べます。
そして、賭けることが出来る金額は、プレイヤーがいつも賭けている金額で設定されていることが殆どです。
1~100ドル、3~300ドル、5~500ドルという範囲で決められています。

そして、テーブルを選び、プレイをすることができます。
その際にはディーラーと文字でチャットをすることができたり、返事をもらうこともできます。
日本語は通じることは少ないですが、操作も簡単ですので、英語が苦手な方もプレイに支障が出ることはありません。

ライブゲームの攻略について

ライブゲームの攻略について

ライブゲームでは、ルーレットやブラックジャック、そしてバカラなどで遊ぶことができます。
ライブゲームの魅力は、カウンティングといった攻略法を駆使することが出来るというのが大きなメリットです。
カードを数えることができますので、次にどんなカードが出るかなどを予測することができます。

カードを数えることについてですが、本場のカジノの場合はディーラーの目がありますので、堂々と数えることが難しいです。
しかし、オンラインカジノならディーラーの目が届かないので、攻略法を駆使することが出来るのです。
メモを取りながらゲームをすることもできるので、その点で大きなメリットがあります。

また、バカラでは絞りといって、カードをじわじわとめくるようなテクニックも使うことができます。
ルーレットは時間制限がありますので、コンピュータの一般のカジノゲームよりも、それだけ判断力が問われることになりますが、出た数をメモしておくことが出来るなど、ここでも攻略法を使うことができます。

ライブゲームの基本的な流れについて

オンラインカジノのライブゲームの基本的な流れについてですが、まずはオンラインカジノのリアルモードに登録をします。
オンラインカジノは、それぞれサービスやデザイン、そしてボーナスなどが異なりますので、好きなカジノを選びましょう。

登録が済めば、その後好きなゲームを選びます。
テーブルが空いているかを確認して、テーブルを選びましょう。
人気のブラックジャックなどは、テーブルが埋まっていることもあります。

そして、テーブルにつくと、ディーラーが画面に映ります。
すると、チップを賭けることが出来るようになります。
チップの賭ける方法ですが、自分のベットエリアで賭ける事ができます。
クリックをすることで、チップを積み立てていくことができます。
ただし、まだゲームの途中の場合には、チップを賭けることができないので、1ターンが終わってからになります。

ライブゲームの基本的な流れについて

チップを置いた後には、チップの確認をクリックすることで決定できます。
この確認前にはキャンセルができますが、確認後はキャンセルができません。
その後ゲームがスタートするという流れになります。

チップの確認は、チップを置かずともできますので、実はベットをせずに、見ているというだけでも問題ありません。
また、チップを置かなくても、20秒後に自動的にゲームが始まりますので、余裕が無いときには無理せず次の回にしましょう。
ゲームが終われば、退出ボタンを押すことによって、退出が可能です。
また、ディーラーにチップをあげることもできたり、文字チャットも可能です。

著者:histandboxers

攻めのギャンブル向きな攻略法

リスクの少ない攻略法

リスクの少ない攻略法

カジノ法案が成立し、日本でもついにカジノが開かれようとしています。
そうしたカジノ法案成立によって、オンラインカジノの存在も多く知られるようになり、日本人プレイヤーの数は右肩上がりに増えています。

オンラインカジノが人気を博しているのは、カジノゲームを手軽にプレイできるということに加えて、勝ちやすいギャンブルだからです。
オンラインカジノのペイアウト率は96%で、これは国内で利用できる公営ギャンブル、パチンコ、パチスロとは比べものにならないパーセンテージです。

しかし、ペイアウト率が高いからといっても、ゲームを続ければ続けるほどトータル収支はマイナスになっていきます。
このプレイヤーのマイナスこそがオンラインカジノの利益となり、そしてその利益があるからこそオンラインカジノは運営を継続することができているのです。

そのため、長くオンラインカジノでプレイするならば、リスクを抑え、利益を得るために攻略法を用いる必要があります。
ですが、攻略法と一口に言っても、オンラインカジノには様々な攻略法があります。
その中には高リスクを抱えることになる攻略法もあるので、オンラインカジノに慣れ、経験を積むまではリスクの少ない攻略法を使用するのが一番です。

そこでそのリスクの少ない攻略法としてご紹介したいのがパーレイ法です。

パーレイ法の使用方法

パーレイ法の使用方法

パーレイ法はオンラインカジノの攻略法の中でもその手法はとてもシンプルです。
ルールは簡単で勝つ度に賭け金を倍にしていくだけです。

ただし、使用できるゲームは勝率50%で2倍配当のものに限られます。
ルーレットの赤、黒、バカラのバンカー、プレイヤー、ブラックジャックなどのゲームで使用することができます。

この攻略法の使い方は勝つ度に賭け金を2倍にしていくということだけです。
最初の勝負に1ドルを賭け勝つと手持ちは2ドルとなります。
次の2回目のゲームでは2ドルを賭けます。この2回目のゲームでも勝つと手持ちは4ドルとなります。
3回目のゲームでは4ドルを賭け、ここでも勝つと手持ちは8ドルになります。
続いて4回目のゲームでは8ドルを賭け、また勝ちを収めると手持ちは16ドルになります。
ここで16ドルを賭けた5回目のゲームで連勝が終わり負けてしまったとします。

手持ちには16ドルありましたので、この16ドルが全てなくなり、最初に賭けた1ドル分損をしたことになります。
こうして1度でも負けた時点でパーレイ法は1度終了となり、また次のゲームから再スタートをすることになります。

パーレイ法を使用するメリットとは

どのような攻略法にも特徴がありますが、パーレイを使用する一番のメリットは負けても損失が少ないことにあります。
利益を出すことを目標にするのは良いことですが、利益だけを追求すると少しずつハイリスクハイリターンの勝負をするようになっていきます。

資金が潤っている方ならばある程度損失を出しても特別痛手にはならないと思いますが、オンラインカジノで遊ぶのではなく本気で勝ちたいと思っている方にとってはハイリスクハイリターンの勝負は避けて通るべきものです。

利益を出すのではなく、利益を残すこと。
そう意識を変えることでオンラインカジノでの収支が大きく変わります。
パーレイ法を使用すれば負けの損失をぐっと抑えることができますし、その後たったの1度でも勝利をすれば収支はまたプラスに戻ります。

オンラインカジノの攻略法の1つにマーチンゲール法というものがありますが、この攻略法はパーレイ法とは逆に負ける度に賭け金を倍にしていきます。
そのため連敗が続くと賭け金がみるみる跳ね上がっていくので、負けのプレッシャーと賭け金上昇のプレッシャーを感じながらゲームを続けていくことになります。

経験者ならばこうしたプレッシャーにも耐えられると思いますが、経験が浅い方にとっては非常に辛いものがあります。
そして、賭け金が倍々になっていくので、ベットリミットに到達してしまったり、資金が底をついてしまったりと、非常に大きな損失を出してしまう可能性があります。

その点パーレイ法ならば勝っている間賭け金を倍にするので、プレッシャーを感じることはないですし、資金面に関しても心配する必要がありません。

パーレイ法はどこでストップするかが肝となる

パーレイ法はどこでストップするかが肝となる

パーレイ法が損失を出しにくい攻略法ということはわかったと思います。
しかし、ただ損失を出しにくくするために使っていてはいつまで経っても利益を得ることはできません。
そこでパーレイ法で利益を着実に残すために重要となるのがストップするタイミングと判断です。

何連勝でストップをするのかは個人の采配にかかっています。
5連勝でストップする方もいれば、10連勝するまでひたすら続けるという方もいます。
パーレイ法を使用する際は資金とも相談し、何連勝で1度終了とするのかを決めておくようにしましょう。
そして、その自分で決めたルールは必ず守り、目標とする利益の達成に向かっていくことが大切となります。

たとえ、決めた連勝までなかなか届かなくても、損失を小さく抑えられるので、焦ることなく目標の連勝を達成するまでゲームを続けていきましょう。

著者:histandboxers

代表的なカードゲーム

人気のあるゲームブラックジャック

人気のあるゲームブラックジャック

ブラックジャックは、オンラインカジノの中でも最も人気のあるゲームの一つです。
その理由としては、オンラインカジノのゲームの中でもハウスエッジが非常に低いという特徴があります。

ブラックジャックは最も勝ちやすくカジノゲームの中でも屈指のペイアウト率を誇ります。
さらに、ブラックジャックは、運任せである他のゲームとは全く異なっています。
スキルや経験を入れ込む余地があり、ブラックジャックの場合、戦略や攻略法を考えて、手堅く勝つことも可能です。

強い人と下手な人と差が出やすいので、それだけやりがいを感じることが出来るゲームとなっています。
本場のマカオや、ラスベガスのカジノでも、ブラックジャックのプロと呼ばれるようなプレイヤーは存在していますし、攻略しがいのあるゲームです。

21に近づけることを競い合うゲーム

ブラックジャックは数あるテーブルゲームの中で、トランプを使ったカードゲームに分類されます。
カードが配られ、21を超えない範囲で、21に近づけることが出来るかどうかを競い合うといったゲームとなっています。

カジノによって細かいオプションだったり、詳細が異なることもありますが、この基本ルールは世界共通となっているので変わることはありません。
このルールさえ把握しておけばあとは、詳しいことは実践あるのみです。

オンラインカジノでは、無料ゲームも揃っていて、ブラックジャックも無料でお試しプレイが出来ますので、まずは対戦をしてみると良いでしょう。

どのようなルールなのか解説

オンラインカジノのブラックジャックは、最初に流れとして、プレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚ずつカードが配られることになります。
そして、その後、ディーラーのカードが1枚見ることが出来るので、その状況に合わせて、もう一枚を引くかどうかを決めることが出来ます。
もう一枚引くことを「ヒット」そして、2枚で勝負することを「スタンド」といいます。

そのほかにも2倍賭けてもう一枚引くという「ダブル」もあります。
こちらは確実に勝てそうなときに、賭け金が倍になるので、必ず勝てるときにはとてもおすすめです。
また、「スプリット」といって同じカードが出た場合に、分けることが出来るというものもあります。

もしも、21を超えてしまえば、その時点でバーストなり、負けという形で終了してしまいます。
ディーラーには選択肢はなく、あくまでもプレイヤーがカードを引くかとどまるかを決めることが出来ます。

オンラインカジノにおけるバカラとは?

オンラインカジノにおけるバカラとは

オンラインカジノの「バカラ」は、あまり日本人には馴染みがないゲームの一つです。
スロットやルーレットはよく知っているけれど、バカラになると分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンラインカジノにおけるバカラは、実は目玉ゲームの一つであり、魔物のゲームともいわれています。
某大企業の御曹司も、主にカジノのバカラにのめり込んでしまい、会社の金を注ぎ込んでしまったという過去があります。

このように、オンラインカジノでのバカラは人を夢中にさせる最高のゲームとも称されています。
そこで、オンラインカジノのバカラとはどのようなゲームなのか具体的に見ていきましょう。

バカラの魅力とは

バカラは初心者から、カジノの上級者までが楽しめるゲームとなっています。
バカラは、とにかくはまり込みやすいゲームで、バカラにはまり込んでしまえば、とにかくバカラに夢中になってしまいやすいとされています。
また、バカラは、ハウスエッジが実は1%台と、かなり勝ちやすいギャンブルとなっています。

プレイをするだけなら、特別に難しいことを覚える必要もありませんし、基本さえ覚えればルールも意外と分かりやすくなっています。

バカラのカードの数え方とは?

バカラを始めるに当たって、カードの数え方を覚えておくと良いでしょう。
バカラのカードの数え方ですが、Aは1点、絵札と10については0点となり、あとはそれぞれの点数となります。

さらに、プレイヤーとバンカーがいて、それのどちらが勝つか、また引き分けかに賭けるだけになります。
常に進行はディーラーがやってくれることになりますので、自分で何かブラックジャックのように戦略を練る必要もありません。

配当について

配当について

このように、バカラではプレイヤーかバンカー、もしくは引き分けに賭けることになるのですが、バンカーに賭けた場合には、5%のコミッションが差し引かれてしまうことになります。
また、どちらかに賭けていたときに、引き分けた場合には賭け金が戻ってくる形になりますが、引き分けに賭けた場合には、配当が9倍となります。

バカラは、1の位が9に近い方が勝利するという簡単でシンプルなゲームになりますが、2枚で戦うところを、カードの数によって、3枚目も引くかどうかは出た数になります。

これがナチュラルであれば、3枚目は引かないのですが、そうでなければ、3枚目を引く形になり、複雑になっています。