日本国内における法的判断の論拠

著者:histandboxers

日本国内における法的判断の論拠

オンラインカジノは違法なのではないか。
これは様々な所で語られていました。

近年は「何となくOK」な風潮が流れていますが、かつては「グレーゾーン」とも揶揄されていました。
そもそも「何となくOK」となった点に関しても理由があるからこそなのですが、現実的にオンラインカジノが違法なのか、あるいは合法なのかについて、様々な点から考えてみるとしましょう。

違法とする根拠

違法とする根拠
まず、オンラインカジノを「違法」とする根拠としては国内法です。
そもそも、日本国内ではカジノだけではなく、ギャンブルそのものが違法です。

競馬や競輪等はいわば「公営ギャンブル」として、国が管理しています。
パチンコに関しては三店方式による、こちらもいわばグレーゾーンとされていますが、いずれにせよ国内の法律ではギャンブル・賭博行為そのものが禁止されています。
そして、インターネット上であってもその点は同様だという論調です。

合法だとする根拠

合法だとする根拠
一方で、オンラインカジノは合法だとする声もあります。
もちろん国内法がカジノを禁止している点は十分に理解した上でです。

というのも、オンラインカジノは基本的に海外の業者が運営しています。
インターネットという、場所を問わずに楽しめるものだからこそ、日本国内に居ながらにしても海外のコンテンツを楽しめます。
オンラインカジノは海外の業者、もっと言えば「カジノが合法の国の業者」が、「カジノが合法な国」のサーバーにて運営しています。
インターネット環境を利用することで日本にいながらにしてもそれらを利用できるというだけで、理屈としてはカジノが合法な国まで足を運んで楽しんでいるのと同じというものです。

実際、現実的な面から考えると、海外旅行等でカジノを楽しんでも国内法には問われません。
カジノだけではなく、法律は「足を踏み入れている場所」に準拠するものなので、日本人がアメリカに足を運べばアメリカの法律を意識しなければなりませんし、逆にアメリカ人が日本を訪れている間は日本の法律が適用されることになります。
つまり、アメリカで合法だからといって、アメリカ人が日本で賭博を楽しんだら法律に問われることになります。

この理屈から、海外のサーバーで運営されているオンラインカジノは「合法だ」とする声があります。

基本的な法律の考え方

しかし、これらの話は「実行」しなければ確定しません。
分かりやすく言えば、どのようなことも六法全書に照らし合わせて判断するのではなく、裁判所にて裁判を行うことで違法なのか合法なのかが判断されます。

例えばかつてオンラインカジノ同様、グレーゾーンと揶揄されていた消費者金融の金利問題。
この問題もまた、法的見地から合法だという声もあれば、違法だという声もありました。
しかし、結論はとある消費者が消費者金融相手に裁判を起こし、そこで違法という判決が下されたことでようやく「違法」だとなりました。

つまり、オンラインカジノに於いても合法なのか違法なのかは、裁判の場で争わなければ分からない部分なのです。

裁判にまで到達していないけど

裁判にまで到達していないけど
実は、オンラインカジノでは逮捕者が出ています。
この事実から「違法だ」とする人もいるのですが、逮捕されたものの、嫌疑不十分とのことで起訴にまでは至りませんでした。
冒頭で「何となくOK」な風潮が広がっているとお伝えしたのはそのためです。

逮捕されたものの、不起訴となったことで、同じ罪状で逮捕したとしても起訴されないことが証明される形となってしまったのです。
もしもそこで起訴され、かつ違法だと裁判所に判断されていれば、オンラインカジノはいくら海外のサーバーで提供されているとはいえ、「違法」と判断されることになったでしょう。

しかし、実際には裁判にさえ進めることができなかったのです。結果、オンラインカジノは「合法」「違法ではないもの」だと判断されるようになったのです。
警察側とすれば、オンラインカジノの利用者が増えていることで、何らかの対策を講じておきたかったのかもしれませんが、皮肉なことにその対策のおかげでむしろ「オンラインカジノは起訴できない」ことを証明してしまったのです。

さらには今後はIRも控えています
IRは事実上、カジノ解禁とも言われている法案ですので、施行されることになれば、カジノは違法ではなくなります。
これらの動きから、オンラインカジノは「何となく合法」として扱われているのです。

まとめ

オンラインカジノの法的見地は専門家の間でも様々な意見が出ていました。
しかし、現実的は起訴するにも至らない事案だったということです。
更には今後IRが控えることを考えると、オンラインカジノに対して法的見地から疑問の声が上がることも少なくなっていくであろうことが予想されています。
法律的な面からオンラインカジノを始めることに不安を抱いていたユーザーは、そこまで心配する必要がないものだと分かっていただけたのではないでしょうか。

著者について

histandboxers administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。