月別アーカイブ 8月 2019

著者:histandboxers

高ペイアウトが人気のカードゲーム

ブラックジャックの基本情報

オンラインカジノのブラックジャックはとても人気のゲームです。
数百種類のゲームが存在しているオンラインカジノの中でも特に人気が高く、海外のランドカジノでも常にテーブルが満席状態となっていることも多いです。

その人気の秘密としては、ブラックジャックはハウスエッジが低く、ペイアウト率が高いゲームだからです。
戦略的に勝つことが出来るゲームとも言われており、プロフェッショナルのプレイヤーも存在しているほどです。
上手と下手が濃厚に現れやすく、スキルや技術・戦略次第で手堅く勝つことが出来るのがメリットです。

プレイヤーとディーラーが一騎打ちするという熱い勝負ができるのもブラックジャックならではの醍醐味となっています。
そこで、オンラインカジノのブラックジャックの特徴やメリットについて具体的にみていきましょう。

ブラックジャックの魅力とメリット

ブラックジャックはペイアウト率が高く、最終的にペイアウト率が収束しやすくなっています。
ペイアウト率が高いということは当然ハウスエッジも低く、さらにベーシックストラテジーを用いて戦略を駆使することで、より手堅く安定して勝つことも可能なゲームです。

オンラインカジノは運次第のゲームが多いのですが、ブラックジャックはそうではなく、スキルや経験が非常に活かしやすいのでやり甲斐がありますし、テーブルゲームとして盛り上がることが出来ます。
ディーラーを相手にして、そして21を超えさせてバーストさせるのはとても爽快感があります。

また、ブラックジャックはライブゲームも楽しく、ディーラーとプレイヤーで熱いバトルをLiveで楽しめます。
オンラインカジノなら、ゆったりと自分のペースで攻略法を使って予測することが出来ますので、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

ブラックジャックの基本について

ブラックジャックは基本的にプレイヤーとディーラーの一騎打ちになります。
プレイヤーとディーラーにそれぞれトランプカードが配られ、21に近いほうが勝ちというゲームになります。
21を超えてしまうとその時点でバーストと言って負けになりますので、21丁度になるのを目指します。

トランプカードは2枚配られますが、3枚以降もプレイヤーがこれを引くかどうか決定することが出来ます。
反対にディーラーはカードを引かないという選択権がなく、自動的に17を超えるまで配られるルールとなっていますので、必然的に17以上で収束するという形になります。

ブラックジャックではさまざまなアクションがあり、プレイヤーはこれを選ぶことになります。
また、バカラとは違ってディーラーとの一騎打ちの直接対戦になります。

ブラックジャックの勝負の流れ

ブラックジャックの流れとして、最初にディーラーとプレイヤーへとそれぞれ2枚ずつカードが配られます。
ディーラー側は一方のカードが伏せられた状態になっていて、プレイヤーのカードについては両方オープンした状態になっています。

このディーラーのカードを見ながら予測しつつ、プレイヤーが次のアクションを決めることになります。
そのままのカードで勝負する場合には、「スタンド」といって2枚で勝負をします。
そして、次のカードを引く場合には「ヒット」といいます。

最終的に21に近いほうが勝ちになりますが、21を超えてしまった時点で自動的にバーストといって、負けが決定することになります。

ブラックジャックのアクションについて

ブラックジャックのその他のアクションについても覚えておきましょう。
まずスプリットといって、同じカードが出た場合には2組に分けることが出来ますし、ダブルダウンといって、チャンスだと思った場合にはベット額を2倍にして1枚引くことが出来ます。
また、サレンダーといってディーラー側が有利と感じたら、降伏することも出来ます。
その他にインシュアランスという保険という意味のアクションもあり、これはベット額の半分を差し出すことで、相手がブラックジャックだった場合には、ベット額が全て戻ってくることになります。
さまざまなアクションがありますので、プレイヤーは様子を見て使い分ける必要がありますが、インシュアランスなどはリスクが大きくあまり多用しすぎないほうがいいと言われています。

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックのカードの数え方について、まずはエースは1もしくは11と数えます。
2~9はそのままの数字で数え、10もしくは絵柄のカードはテンカードといって10として数えます。

数え方は慣れると簡単ですが、覚えておきましょう。
また10の数字が多いということがこれを見ると分かりますので、それを基に戦略を練るようにしましょう。